News

'新人王' ナム・ジュヒョク 2018 映画評論家協会賞新人男優賞の意味

'新人王' ナム・ジュヒョク, 2018 映画評論家協会賞新人男優賞の意味

 

俳優ナム・ジュヒョクが今年映画部門の新人賞を総なめし、スクリーンでも注目されるスターとして浮上した。

ナム・ジュヒョクは13日の第38回韓国映画評論家協会賞にて新人男優賞を受賞した。

アジア・スター・アワーズとTHE SEOUL AWARDSに続く今回の受賞は特別な意味を持つ。

伝統と権威を誇る韓国映画評論家協会賞は厳しい受賞の基準があるため、該当者がいないと公表することもある。
実際に2年前の第36回授賞式では新人男優賞の目録は空欄だった。今年はナム・ジュヒョクが評論家たちに認められ受賞する運びとなった。

淑明女子大教授であるファン・ヨンミ評論家は授賞式にて”ナム・ジュヒョクは力強い眼差しとカリスマ溢れる声、キレのあるアクションで俳優としてプレゼンスを華麗に証明した・”と述べ、”批判的で疑いぶかいキャラクターの感情の流れをよく表現し、ヤン・マンチュンに対する信頼感が芽生える心境の変化も吸引力のある演技で表現した・”と審査票を述べた。

ナム・ジュヒョクは受賞トロフィーを受け取り”先輩たちに迷惑をかけないように、いい演技をしたいという気持ちで望んだ映画で予想もしなかった、1度しか受賞できない賞をいただき、本当に感謝している。これからも、もっと努力し、もっと悩む俳優を目指したい・”と受賞の感想を述べた。